淡路島日本蜜蜂研究会

淡路島日本蜜蜂研究会

淡路島日本蜜蜂研究会は、兵庫県淡路島で日本蜜蜂の養蜂とはちみつの販売を行う研究会です。

日本蜜蜂のはちみつをご用命の方はコチラよりお問い合わせください。

日本蜜蜂のはちみつ

日本蜜蜂が一生のうち採取できるはちみつは、一般的な蜜蜂と比較して極端に少なく、スプーン一杯以下と言われています。しかし、高い糖度、200種類以上の花蜜からなる深い味わい、生で保存できるという特徴があり、これは日本蜜蜂のはちみつでしか味わえない特別なものだと私たちは考えています。

しかも日本蜜蜂は唯一、日本の野生環境に対応できるため、天然の森で蜜を集めることができます。森の奥にひそむ小さな花から蜜を集めながら、樹々の受粉を手伝う様を想像するだけで、少し幸せな気持ちになれます。

日本蜜蜂のはちみつは、1年に1度しか採蜜できず、味も毎年異なります。さらに場所や巣箱によっても風味や色合いが異なり、各地での樹々の1年を舌で感じとることができると同時に、はちみつが天然のものであることを改めて気づかせてくれます。

そんなことを少し考えながら、日本蜜蜂のはちみつをお楽しみいただけたらと思います。

春みつの写真

秋みつの写真

結晶みつの写真

はちみつの種類

春みつ
春のはちみつ

春の桜や梅など200種類以上の花から集めたはちみつだけを特殊な方法で抽出したもの。澄みわたるフルーティなあじわい。秋みつよりもさらに稀少。

秋みつ
春+夏+秋のはちみつ

春から秋にかけて300種類以上の花から集めたはちみつ。日本蜜蜂のはちみつといえば通常は秋みつのことを言います。あじわい深くあとあじゆたか。

結晶みつ
結晶化した特殊なはちみつ

天然の生はちみつならではの現象で、ブドウ糖が多いはちみつは結晶化することがあります。結晶するものとしないものがありますが、事前に判別することは困難。